気象庁は1日、関東甲信地方で1日昼過ぎから2日未明にかけて、関東甲信地方の広い範囲で雪が降るとして注意を呼びかけた。

 気象庁によると、日本の南海上には前線があり、前線上の低気圧が発達しながら、1日夜には伊豆諸島南部を通過する見込み。このため、関東地方南部の平野部でも雪が降るという。

 東京23区でも、2日朝までに多いところで5センチの積雪が見込まれており、気象庁は「大雪や路面凍結による交通障害、電線や樹木への着雪に注意してほしい」としている。

 このほかの2日朝までの予想降雪量は、いずれも多いところで、山梨県30センチ▽長野県20センチ▽箱根から多摩地方や秩父地方にかけて15センチ▽関東地方南部の平野部10センチ▽関東地方北部10センチ。

【関連記事】
都心の冬日 40年で急減 平年値50→10日に
「警報」「注意報」市町村単位で発表へ 気象庁、5月から
大寒なのにぽかぽか陽気 沖縄は夏日
日本海側で大雪続く 積雪2メートル超、1月新記録も
低気圧発達、大荒れ模様 九州では平地でも積雪

<転落>川に車2人死亡 スリップ跡、凍結か さいたま(毎日新聞)
医師も認知度低いむずむず脚症候群(医療介護CBニュース)
給食費未納者の子ども手当減額、首相「検討してみたいな」(産経新聞)
首相動静(1月30日)(時事通信)
2分40秒の早業、宝石店から貴金属300点盗む(読売新聞)
AD