運転免許証更新のため、飲酒運転で警察署を訪れ、さらに車で帰宅しようとしたとして、神奈川県警相模原北署は4日、同県相模原市下九沢の無職、守屋進容疑者(45)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は4日午前10時5分ごろ、同署近くの市道で、酒気帯び状態で車を運転したとしている。

 同署によると、守屋容疑者は同9時20分ごろに署を訪れ、タッチパネル式の機械でICカード免許証の更新に必要な暗証番号を入力しようとしたが、酔っていてできなかったという。署員が帰宅を促し「車で来たのか」と尋ねると、「歩いて来た」と答えたが、同署駐車場で車に乗る姿を署員が目撃。パトカーで約200メートル追いかけ、検査で呼気1リットル中0.45ミリグラムのアルコールが検出された。【中島和哉】

【関連ニュース】
横浜死傷事故:飲酒の容疑者、子供を病院へ連れていく途中
裁判員裁判:初の危険運転致死罪、被告に懲役14年 千葉
交通死:年末年始86人 過去2番目の少なさ
メッセージ展:被害者遺品に受刑者も涙 東京・立川拘置所
ウッズ:姿見せずサイトに声明 無期限出場自粛

「普天間」打開へ直談判 米国務次官補 小沢氏の腹探る(産経新聞)
岐阜のブラジル人が運転か=名古屋ひき逃げ-愛知県警(時事通信)
虚偽の申請で介護事業者指定取り消し―宮城(医療介護CBニュース)
<沖縄連絡室>内閣官房に設置 普天間などで情報交換緊密化(毎日新聞)
初の介護食「パン」を開発=アンデルセングループ(時事通信)
AD