東京都江戸川区は2日、読書好きな子供を育てるために、平成22年度から区立の幼稚園と小・中学校の全111校で「読書科」を新設すると発表した。区によると、これほど広範囲で読書科を設ける例は、全国でも珍しいという。

 読書科では、朝の授業時間前の少しの間を利用して子供自身が本を読んだり、区内の読書団体などに読み聞かせてもらったりして、子供の読書への関心を深めていく。

 学習指導要領とは別に進めるため、時間や方法などは各校の自由。しかし仮に「1日10分週に3回」を年間通じて行えば、年に1000時間以上を読書に費やすことになるという。

 担当課は「読書は子供の読解力アップにとどまらず、考える力をつけ、人生をより深く生きる糧にもなる」と話している。

【関連記事】
おじさん史観ではない女性誌的目線 「乙女の日本史」が話題に
顔見える本屋、売り上げ2倍 東京・丸善本店の「松丸本舗」
首相ヒマなの?丸善で本買い漁る 計28冊5万287円也
佐藤江梨子、書店員役は「まるで自分の分身」
新聞の図書館配置、小中校は35~38% 日本新聞協会

素材ありき 「京みたらしろーる」人気(産経新聞)
<交通事故>コーヒー店にタクシー突っ込む 京都・左京区(毎日新聞)
<諫早湾干拓事業>国、県に開門要請へ 反対派漁協方針転換(毎日新聞)
<漁船銃撃>被弾の2隻、銃痕を隠す 事実を隠蔽か(毎日新聞)
<氷柱>荒川覆う“冬の芸術” 埼玉・秩父(毎日新聞)
AD