自民党の舛添要一前厚労相(61)は6日、都内で行われた日本環境感染学会総会で講演し、厚労官僚と闘った752日間を振り返りながら、バトンタッチした長妻昭厚労相(49)を「国民との対話がゼロ」と切り捨てた。

 在職中に年金問題、中国の毒入りギョーザ事件などが取りざたされるたびに、記者会見で国民への説明を心がけて来たことを強調し「長妻君がメディアに出て説明するところを見たことがない」と官僚を制御できない現職に苦言した。

 10日に発売する新書「内閣総理大臣 増補版」(角川書店)の中では鳩山由紀夫首相(62)を「ビジョンの提示力と歴史、哲学の素養がない」と酷評した上で「時期が来たら私自身がリーダーシップをとることは拒否しない。首相に必要な能力をすべて持つように努力している」と首相の座を狙うことを表明している。この日の講演では「首相にはある程度のIQと問題意識がある人がなるべき」と理想の宰相像まで語っていた。


 【関連記事】
「小沢幹事長のこと、鳩山のことで迷惑をかけている」首相陳謝
鳩山首相、施政方針演説51分で「命」25回…進次郎氏「意味分からん」
鳩山首相が初の施政方針演説「命を守る」を多用
鳩山首相「戦ってください」発言撤回せず
舛添要一 厚労相 日本環境感染学会 を調べる

<訃報>川村たかしさん78歳=児童文学作家(毎日新聞)
陛下の体調、順調に回復(時事通信)
衆院比例ブロックの定数配分は合憲 選挙無効要求を棄却 東京高裁(産経新聞)
雅子さま、大きく改善=活動広げるには時間必要-宮内庁(時事通信)
同盟深化めぐり日米が局長級協議(産経新聞)
AD