三菱ふそうトラック・バスは2日、エンジンに不具合があるとして、小型トラック「ふそうキャンター」など4車種計9万118台(平成9年10月~20年4月生産)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

 エンジン内部のギヤを固定する部品の強度が足りず、最悪の場合、ギヤが外れ、エンジンが停止してしまう恐れがある。

 同じエンジンを使っている日産自動車の「シビリアン」計1216台(17年11月~19年6月生産)と、タダノのクレーン車4車種計299台(17年12月~19年3月生産)も同様の不具合で、それぞれリコールを届け出た。

【関連記事】
トヨタ再生に暗雲 北米でイメージダウン
トヨタ副社長謝罪 北米などの販売減に強い懸念
ホンダ、インドで小型車をリコール
フォード、中国で一部車種の生産中止
シャープが両開き冷蔵庫リコール 約97万5千台

【合縁奇縁】編集委員・岡部伸 CIS脱退は実現したが…(産経新聞)
【中医協】回復期リハ、「2単位実施」の要件を追加(医療介護CBニュース)
被害者になるかも…不審死で警察が2人に警告(読売新聞)
特養待機4万人超 施設不足深刻 宮城は1万人余 東北(河北新報)
入院患者から高濃度インスリン、殺人未遂で捜査(読売新聞)
AD