キャンベル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は2日夕、時事通信社の単独インタビューに応じ、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)を移設先とする現行計画が「最善だ」と強調する一方、日本政府から新たな提案があれば「耳を傾け、一緒に検討する用意がある」と表明した。 

【関連ニュース】
普天間棚上げし、見切り発車=暗中模索の同盟深化
普天間継続使用を否定=鳩山首相
グアム移転費、42%増要求=空軍基地整備など
小沢氏、米次官補と会談=内容説明せず
岡田外相に抗議へ=沖縄与党議員

吉田松陰の書状発見 門下生あて 著作断念の思いつづる(産経新聞)
<自民党>谷垣総裁、山崎拓氏と会談 非公認を直接伝える(毎日新聞)
羽生が勝ち1勝1敗=将棋王将戦(時事通信)
小沢氏進退発言「やっと言った」=自民参院幹事長(時事通信)
石川議員逮捕、法相に事前報告(時事通信)
AD