三菱ふそうトラック・バスは2日、エンジンに不具合があるとして、小型トラック「ふそうキャンター」など4車種計9万118台(平成9年10月~20年4月生産)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

 エンジン内部のギヤを固定する部品の強度が足りず、最悪の場合、ギヤが外れ、エンジンが停止してしまう恐れがある。

 同じエンジンを使っている日産自動車の「シビリアン」計1216台(17年11月~19年6月生産)と、タダノのクレーン車4車種計299台(17年12月~19年3月生産)も同様の不具合で、それぞれリコールを届け出た。

【関連記事】
トヨタ再生に暗雲 北米でイメージダウン
トヨタ副社長謝罪 北米などの販売減に強い懸念
ホンダ、インドで小型車をリコール
フォード、中国で一部車種の生産中止
シャープが両開き冷蔵庫リコール 約97万5千台

韓流呼び込め、ロケ地に「アイリス」ゲレンデ(読売新聞)
<薬害C型肝炎>新潟の50代女性 給付金の対象に(毎日新聞)
続投支持、参院選に全力を=小沢氏不起訴で閣僚が発言(時事通信)
宮城県で震度4(時事通信)
国内削減15%以上を提示=温暖化対策行程表を議論-政府チーム(時事通信)
AD