自民党の谷川秀善参院幹事長は2日午後の記者会見で、小沢一郎民主党幹事長が政治資金規正法違反事件で刑事責任を問われた場合の進退に言及したことについて「(元)秘書が捕まった時点で言及する必要がある。やっと言い出したという感じだ。非常に恥ずかしい」と批判した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~4億円「知人から預かった」~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

公設秘書の兼職横行190人、原則禁止なのに(読売新聞)
大阪「正論」懇話会 佐藤優氏が講演 「外交、強固な国家体制必要」(産経新聞)
看護職33人の行政処分を公表-厚労省(医療介護CBニュース)
女性配達員殺される=首に絞められた跡-山梨(時事通信)
<「1Q84」>「3」を4月16日発売 初版50万部(毎日新聞)
AD