国土交通省が10年度に行う公共事業の実施場所(個所付け)を民主党が都道府県連に通知したことに対し、野党は3日、一斉に反発した。自民党は衆院予算委員会の理事会で、経緯の説明を民主党に要求。回答を得られなかったため、この日の予算委で予定していた10年度予算案の趣旨説明が4日に先送りされる事態になった。

 自民党理事は「われわれは予算成立前にこんなことはしなかった」と憤りを隠さず、通知を認めたとされる馬淵澄夫副国交相の処分を要求する構え。同党の石破茂政調会長は記者会見で「予算の私物化だ」と批判し、共産党の小池晃政策委員長も「国会審議を形骸(けいがい)化させる」と指摘した。

 これを踏まえ、民主党では3日夕、高嶋良充参院幹事長が副幹事長と対応を協議。その後、衆院予算委の松原仁筆頭理事に「途中段階の予算の配分予定額を示しただけだ」と説明した。【高山祐、木下訓明】

【関連ニュース】
鳩山首相:小沢氏の幹事長続投、改めて容認
節分:鳩山首相の「鬼」は不景気…早く飛んでゆけ
基幹労連:内藤委員長、「政治と金」で民主党の対応に注文
民主党:自民の票田切り崩しへ トラック議連が発足
鳩山首相:小沢氏報道「冷静に見守る」

小沢氏を「嫌疑不十分」で不起訴に 刑事責任追及は困難と判断(産経新聞)
薬事法違反 容疑でタミフル輸入代行業者ら6人を逮捕(毎日新聞)
【中医協】DPC新係数、来年度の導入は6項目(医療介護CBニュース)
女子中学生2人にわいせつ行為、巡査長逮捕(読売新聞)
【風】たばこはストレス解消する?(産経新聞)
AD