岐阜県関市下之保の丹羽鉄夫さん(68)方で、妻の益子さん(67)が昔ながらの製法で作った玉みそが倉庫の天井からつるされ、寒風に揺れている。玉みそは同市の伝統的な調味料だが、最近は作る家庭も少なくなった。

 2~3カ月間寒風にさらして乾燥した玉みそは、4月ごろに米こうじをまぜた特製のしょうゆに漬け込まれ、12月には完成する。今年は約2000個の出荷を予定し地元のスーパーや「道の駅」などで販売されるという。【大竹禎之】

【関連ニュース】
雑記帳:「とっしん汁」…イノシシ肉入り即席みそ汁 佐賀
食卓の一品:数の子のみそ漬け
体験講座:手作りで無添加みそ 来月11日、毎日文化センター /広島
あちこち・あいち:みそ・しょうゆ使用「紅白ロール」発売 あすから、はと屋 /愛知
米地みそ:まろやか 春の仕込みが香住で始まる /兵庫

4氏が届け出=岐阜市長選(時事通信)
<経産省>衛星売り込みへ、アフリカに官民訪問団派遣(毎日新聞)
埼玉県警巡査長を逮捕=女子中生にわいせつ行為-神奈川県警(時事通信)
<首都圏連続不審死>木嶋容疑者を送検へ(毎日新聞)
安保50周年 本質外れた反対運動、呪縛から思考停止に(産経新聞)
AD