岡田克也外相は31日、テレビ朝日の番組で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設受け入れの是非が争点となった同県名護市長選の結果について、「たしかに一つの民意だから重い。しかし、これ(移設問題)は大きな争点であったもののすべてではない」と指摘した。その上で、移設先について「最終的には安全保障の問題として国がきちんと決める」と強調した。
 外相は米国の台湾への武器売却に中国が反発していることについて、「今回の動きは中国にとっても予想の範囲内で、米中がこれで決定的に対立することはないと思う」との認識を示した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~資金の出所隠す経理操作?~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

<桜の開花予想>東京都心は3月23日ごろ 日本気象協会(毎日新聞)
独製ベビーカーでも指挟む恐れ、カバー配布(読売新聞)
米特許切れのマイナス影響が顕在化―武田薬品(医療介護CBニュース)
<衆院本会議>1日から代表質問(毎日新聞)
朝青龍関 警視庁に「示談」報告…暴行問題(毎日新聞)
AD