自民党の浜田靖一国対筆頭副委員長は4日午前の記者会見で、資金管理団体の政治資金規正法違反事件で不起訴処分となる見通しの小沢一郎民主党幹事長について、「疑惑はずっと残るわけで、検察がどのような判断をしようが、そこに疑惑があるならば、ただしていく。国会の中でただすべきところはただす」と述べ、国会で追及していく方針に変わりのないことを強調した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~4億円「知人から預かった」~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

「プリウス」ブレーキに苦情=日米で112件-国交省、トヨタに調査指示(時事通信)
亀井金融相「うるさいからうるさいと言っただけ」(読売新聞)
「フラフラでジグザグのように…」加藤被告、トラック降りアキバ走る(産経新聞)
<訃報>伊藤鄭爾さん88歳=元工学院大理事長(毎日新聞)
21日にシンポジウム「がん医療従事者へのメッセージ」(医療介護CBニュース)
AD