大阪市生野区の居酒屋で無銭飲食した男が経営者の男性をナイフで刺して逃走した事件で、生野署は30日、強盗傷害と詐欺などの疑いで、同区新今里、無職、竹崎義昭容疑者(66)=銃刀法違反容疑で逮捕=を再逮捕した。同署によると「警察に捕まったら刑務所に行くことになるので刺しました」などと容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、26日午後7時20分ごろ、友人を迎えにいくふりをして店を出たまま、から揚げやビールなどの飲食代金約2700円を払わずに逃走。追いかけてきた経営者の男性(44)を持っていたナイフ(刃渡り約12センチ)で刺して腰などに軽傷を負わせた、としている。

 居酒屋のグラスに付着していた指紋などから竹崎容疑者が浮上し、生野署が28日に銃刀法違反容疑で現行犯逮捕していた。

【関連記事】
「派遣切りで自暴自棄に」キャバクラで豪遊 無銭飲食容疑で男逮捕  
所持金1円で34時間居座り無銭飲食 男を逮捕
町税務課長がビール無銭飲食 山口・周防大島
弁当351個を詐取 無銭飲食容疑で暴力団幹部ら逮捕
吉野家で無銭飲食した後で強盗

<山崎前副総裁>自民党で活動継続の意向固める(毎日新聞)
臨時交付金少なかった、算定ミス42億円(読売新聞)
小沢氏事件で首相「検察の解明待つのが肝要」 参院代表質問(産経新聞)
八ケ岳で静岡の男性不明に=長野県警(時事通信)
首相、参院選後に省庁再編検討(産経新聞)
AD