宮内庁は5日、体調を崩し皇居・御所で療養中の天皇陛下が検査の結果、ノロウイルスによる急性腸炎と診断されたと発表した。症状は落ち着いているが、3、4両日とも夕方には微熱があり、引き続き療養が必要という。
 陛下はのどの痛みや腹痛を訴え、3日からの葉山御用邸(神奈川県)での静養を取りやめていた。 

路上で血を流した男性倒れる ひき逃げ事件か 東京・江東区(産経新聞)
<つくば風車>業者丸投げ 助役も賠償責任 東京高裁(毎日新聞)
<衆院予算委>公共事業の実施場所資料、国交相が提出拒否(毎日新聞)
美容機器会社社長を再逮捕=無免許でしみ取り-長崎県警など(時事通信)
小沢氏続投で摩擦も=「不起訴処分」には安堵-民主(時事通信)
AD