国民新党代表の亀井静香金融・郵政改革担当相は3日の記者会見で、小沢一郎民主党幹事長をめぐる政治資金規正法違反事件を受け、同党内で企業・団体献金の禁止を目指す動きが出ていることについて「自分の党の関係者に不始末が起きたからといって、よその党まで巻き込む前に(よく)考えろ」と述べ、企業献金などの禁止に反対する考えを強調した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~4億円「知人から預かった」~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

<参院予算委>自民党のヤジに亀井氏「うるさい」 審議中断(毎日新聞)
<着服>博多署員が課内の積立金100万円を 停職処分に(毎日新聞)
NPO法人の税優遇拡充へ=「新しい公共」育成で-政府(時事通信)
売上400万円を着服容疑 元パチンコ店長逮捕 神戸(産経新聞)
小沢氏不起訴 3被告の起訴内容(産経新聞)
AD