NHKは3日、東京国立近代美術館で昨年主催した「ゴーギャン展2009」の公式ホームページが、「ガンブラー」と呼ばれるコンピューターウイルスの亜種に感染し、不正に改ざんされていたことを明らかにした。

 NHKによると、改ざんされた期間は今年1月3日から2月1日まで。延べ約1700件の閲覧があり、アクセスした人のパソコンがウイルスに感染したおそれがあるという。

有効求人倍率、九州0.40倍(西日本新聞)
接種と死亡、専門家は関連認めず―新型ワクチン(医療介護CBニュース)
米大使が中国、北の軍事的脅威を強調 (産経新聞)
<米軍機>神奈川上空で部品落とす けが人なし(毎日新聞)
桜前線3月19日上陸か、平年より数日早い?(読売新聞)
AD