「時事評論家」の増田俊男氏が役員を務めていた投資顧問会社「サンラ・ワールド」をめぐる金融商品取引法違反事件で、サンラ社が平成19年10月、カナダのIT企業が上場していないにもかかわらず、「上場祝賀会」を開催して参加者に出資を募り、数億円の資金を集めていたことが3日、出資者側の関係者への取材で分かった。警視庁生活経済課は同日、金融商品取引法違反容疑で同社など関係先十数カ所を捜索。同課は増田氏から事情を聴いている。

                   ◇ 

 関係者によると、祝賀会は東京と大阪で開催された。席上でサンラ社側は「(IT企業が)上場が決定したので株価は10倍になる」と説明。550万株の追加増資を募り、翌11月までに約600万株分の出資金を集めたという。だが、この時点でIT企業は上場されていなかった。この時期にサンラ社は滞納していた家賃や業者への支払いを済ませているといい、出資金が充てられた可能性があるという。

 捜査関係者によると、サンラ社が未公開株売買で集めた金は約50億円に上るという。同課は祝賀会で集めた数億円分の使途について関心を寄せており、サンラ社の不透明な資金の流れの実態解明を進め、幹部らの刑事責任追及を視野に押収資料の分析を急ぐ。

 捜索容疑は、サンラ社は国に無登録のまま、19年10月ごろ、このIT企業について、茨城県の男性(65)ら男女3人に新株引き受け権を計約500万円で販売したとしている。

東海道新幹線、品川─小田原で上下線運転見合わせ(読売新聞)
<掘り出しニュース>中原中也は「なかはらなかや」?詩集に読み仮名誤記--山口の記念館(毎日新聞)
陸山会の収支報告書、記載と違う出入り27億円(読売新聞)
「真っ赤な血の海があって…」声を震わせる証人(産経新聞)
企業献金禁止「早期実現を」=民主・細野氏(時事通信)
AD