廃業したJR品川駅前の老舗ホテル「京品ホテル」(東京都港区)の元従業員46人が解雇は不当として、経営会社を相手に地位確認を求めた訴訟は、東京地裁(青野洋士裁判長)で和解が成立したことが3日、分かった。和解は先月29日付。
 原告側弁護士は和解内容について、守秘義務があるため明らかにできないとしているが、「破産管財人が従業員の立場に理解を示したもので、勝利的な和解と言える」としている。
 訴状などによると、会社側が2008年5月、廃業を理由に従業員約130人に解雇を通告。原告側は経営は堅調だと指摘した上で、廃業に伴う解雇は合理的な理由がないとして、従業員の地位確認を求めていた。 

【関連ニュース】
遺伝子型で製剤投与立証=カルテない女性和解、肝炎訴訟
新潟水俣病訴訟、和解協議へ=国側と話し合う意向
パロマ工業などと初の和解=遺族に8600万円支払い
日工、従業員が1億4000万円不正取引=6500万円の減益要因に
書籍データの破棄求める意見書=グーグル訴訟和解案にペンクラブ

診断基準策定求め要望書-「脳脊髄液減少症」支援の会(医療介護CBニュース)
亀井氏「神戸の少年じゃないけど、郵政切り刻んだ」(読売新聞)
首都圏連続不審死 木嶋容疑者を送検へ(毎日新聞)
【中医協】精神病棟入院基本料、「13対1」新設で合意(医療介護CBニュース)
公立中の3年生、塾代などに過去最高の40万円(読売新聞)
AD