「不倫疑惑」を報じた週刊新潮の記事で名誉を傷つけられたとして、船田元前衆院議員と同議員が理事長を務める学校法人船田教育会などが2日までに、発行元の新潮社と同誌編集長を相手に約3300万円の損害賠償と謝罪広告掲載などを求める訴えを宇都宮地裁に起こした。
 訴状によると、同誌は09年12月31日・10年1月7日号に、船田前議員に不倫疑惑があり疑念を抱いた妻が弁護士に相談したとの記事を掲載。船田前議員側は、事実でない記載であり、船田夫妻と船田教育会の社会的評価を傷つけたとしている。
 週刊新潮編集部は「訴状を読んで検討するが提訴は意外だ」としている。 

【関連ニュース】
作家の海堂さんに賠償命令=ブログで名誉棄損
光市母子殺害、元少年らを提訴=実名本筆者ら、名誉棄損で
民主・牧議員、朝日新聞を提訴=名誉棄損で1600万円請求
ネットの中傷で男を逮捕=大阪地検
松本零士さんと槇原さんが和解=「歌詞盗用」名誉棄損訴訟

川に乗用車転落、車内に男女2人の遺体(読売新聞)
<鳩山首相>小沢氏事件捜査「冷静に見守る」(毎日新聞)
<戦国武将マップ>伊達政宗や前田慶次郎ゆかりの城や温泉紹介 福島商議所青年部が作製(毎日新聞)
<外国人労働者>09年15.7%増、最多は中国25万人 (毎日新聞)
民主、参院選公認は来月に 捜査波紋…「複数」二の足(産経新聞)
AD