山口大学は5日、業者と共謀して架空取引する「預け」の手口で、同大から約1億3000万円をだまし取ったなどとして、大学院理工学研究科の教授を8日にも詐欺容疑で、山口地検に告訴すると発表した。
 同大財務部によると、教授は2004年9月から09年12月までの間、取引のあった業者1社と共謀し、架空取引を繰り返していた。業者にプールした資金を私的に流用した疑いがあるが、教授は私的流用を否定している。 

【関連ニュース】
知人女性から7000万詐取か=「遺産で返す」
処方薬、検出成分と一致=走行記録、販売日誌も分析
元課長ら4人再逮捕=広島ガス子会社の架空取引
元巨人桑田さんの元義兄を逮捕=架空投資話で詐欺容疑
2千数百万詐取容疑で追送検=近未来通信元専務ら

<子泣き相撲>幽霊も鬼も退散 長崎・平戸の最教寺(毎日新聞)
12月の鉱工業生産、2.2%上昇=経産省(時事通信)
エスカレーターから転落死…ランドマークタワー(読売新聞)
被爆ピアノで平和の調べ=「核悲劇、繰り返すな」-「第五福竜丸」と共演・東京(時事通信)
<天皇、皇后両陛下>メキシコ大統領夫妻と会見(毎日新聞)
AD