超党派の保守系議員による「真・保守政策研究会」(会長・安倍晋三元首相)は5日、自民党本部で総会を開き、会の名称を「創生『日本』」と改め、「永住外国人地方参政権や夫婦別姓など、問題法案に反対する」などとする運動方針案を採択した。
 安倍氏は総会で「勉強会を重ねるだけでなく、草の根保守の方々とともに、今の政権を打倒するため行動しなければいけない」と強調。今後、前衆院議員もメンバーに加えることを決めた。総会には、無所属の平沼赳夫元経済産業相を含む36人が出席した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏を不起訴~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

参院代表質問 「同志」発言で鳩山首相が答弁(毎日新聞)
【日本人とこころ】福田恆存と孤独(上)「日本にも天がある」(産経新聞)
土壁塗りに小学生挑戦 練馬区立池淵史跡公園(産経新聞)
町村会側から持ち掛け=前副知事への100万円-福岡県警(時事通信)
首相“5月退陣”駆けめぐる 「普天間がだめ押しに」(産経新聞)
AD