亀井静香金融・郵政担当相は2日の閣議後会見で、97年に神戸市で起きた連続児童殺傷事件を引き合いに出して日本郵政グループの4分社化を批判した問題について「適当でなかった面もある」と述べ、発言を撤回した。

 亀井氏は1月29日の雑誌・フリー記者向けの会見で「(小泉純一郎元首相が)神戸の少年じゃないけど、(郵政を)切り刻んだ」と発言していた。会見内容は金融庁のホームページで公表されるが、問題の発言部分は削除する。【宇都宮裕一】

【関連ニュース】
亀井静香氏:郵政「切り刻んだ」神戸・少年事件引き合いに
ヤジ問題:「うるさいから、うるさい」…亀井氏引かず
参院予算委:自民党のヤジに亀井氏「うるさい」 審議中断
亀井金融相:政治資金規正法の緩和を
国民新党:亀井静香氏が代表に 落選の綿貫氏は最高顧問に

<神奈川県>「預け金」問題で職員3人を懲戒免職(毎日新聞)
中名生理事長が辞意=任期途中、後任は公募-国民生活センター(時事通信)
<小1虐待死>心のSOS届かず 父かばい気丈に振る舞い(毎日新聞)
普天間継続使用を否定=鳩山首相(時事通信)
「仕事の大変さを分からせたい」HP改竄で元社員逮捕(産経新聞)
AD