北沢俊美防衛相は29日午前の記者会見で、普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐり、鳩山由紀夫首相が5月末までに移設先を決め、普天間の継続使用を認めない考えを表明したことについて、「まず解決すべきは普天間飛行場の機能を持っていく場所を決めることで、その根源は普天間の危険性と騒音を除去すること。その大きな流れは変わらない」と述べ、鳩山首相の姿勢を支持した。

【関連記事】
首相が初の施政方針演説 普天間「5月末までに移設先決定」 政治とカネ「お詫び」
施政方針演説 軽さ否めない“宇宙言語” 
オバマ政権1年 日米台の連携を強化せよ
小沢氏、日米合意直後に沖縄で土地購入
カモかチキンかサギなのか ハトは5月が正念場

覚せい剤摘発、過去最多=5割増の164件-昨年の密輸取り締まり(時事通信)
「真っ赤な血の海があって…」声を震わせる証人(産経新聞)
<峰崎副財務相>「国際線は1社体制でいい」 日航再建で(毎日新聞)
2次補正予算 与党と公明党など賛成多数で成立(毎日新聞)
<障害者自立支援給付>新宿区が「65歳以上認めず」の内規(毎日新聞)
AD