政府は3日、地球温暖化問題に関する関係省庁副大臣級検討チームを開き、温室効果ガスの削減目標達成に向けた行程表の議論を始めた。2020年までに排出量を1990年比で25%減らす目標について、小沢鋭仁環境相は、国内だけで15%以上を削減し、残りは海外からの排出枠購入などで埋め合わせるとした素案を提示した。
 同相は素案で、家庭やオフィスなどの分野で温暖化対策を強化する考えを強調。「25%減」目標のうち、こうした国内対策による削減分を「15%」「20%」「25%すべて」とする3案を示した。検討チームは素案を基に議論を重ね、3月下旬に行程表の骨子をまとめる。 

【関連ニュース】
米国務次官補インタビュー要旨
新提案なら「検討の用意」=普天間移設で米国務次官補
国内のみで15%以上=温暖化ガス削減目標
COP16成功へ協力=日・メキシコ首脳会議
日メキシコ外相が会談

7階ベランダから転落? 小2男児死亡 千葉(産経新聞)
「作品に大きな啓発力」=故平山郁夫さんのお別れの会(時事通信)
モニターに映し出されるナイフの売上伝票 うつむいていた被告も顔をあげ…(産経新聞)
川内原発事故、1人死亡=点検中に火花、負傷6人-鹿児島(時事通信)
自民の石原氏、「7つの大罪」で首相を追及(産経新聞)
AD