政府は3日、地球温暖化問題に関する関係省庁副大臣級検討チームを開き、温室効果ガスの削減目標達成に向けた行程表の議論を始めた。2020年までに排出量を1990年比で25%減らす目標について、小沢鋭仁環境相は、国内だけで15%以上を削減し、残りは海外からの排出枠購入などで埋め合わせるとした素案を提示した。
 同相は素案で、家庭やオフィスなどの分野で温暖化対策を強化する考えを強調。「25%減」目標のうち、こうした国内対策による削減分を「15%」「20%」「25%すべて」とする3案を示した。検討チームは素案を基に議論を重ね、3月下旬に行程表の骨子をまとめる。 

【関連ニュース】
米国務次官補インタビュー要旨
新提案なら「検討の用意」=普天間移設で米国務次官補
国内のみで15%以上=温暖化ガス削減目標
COP16成功へ協力=日・メキシコ首脳会議
日メキシコ外相が会談

<鳩山首相>山梨に地方行脚(毎日新聞)
福岡県汚職 副知事室で100万円授受(毎日新聞)
<国歌斉唱・不起立>教職員の氏名収集を継続…神奈川県教委(毎日新聞)
入院患者から高濃度インスリン、殺人未遂で捜査(読売新聞)
<特別背任容疑>元中京銀行支店長ら2人逮捕(毎日新聞)
AD