昨年8月の衆院選で、選挙運動を依頼し報酬を支払う約束をしたとして、公選法違反(買収)罪に問われた元衆院議員武山百合子被告(62)の判決公判が2日、さいたま地裁で開かれ、若園敦雄裁判長は懲役1年6月、執行猶予5年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。
 武山被告は起訴内容を認めていた。
 検察側は論告で「身勝手な動機に酌量の余地はない」と批判。弁護側は「私利私欲を図る目的はなく、情状を酌むべき余地はある」とし、執行猶予を求めた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~4億円「知人から預かった」~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

3歳虐待死、父親に懲役6年=裁判員「親なのでショック」-那覇地裁(時事通信)
鳥もブルッ、う~寒い 断崖でウミウが越冬(産経新聞)
「坂の上の雲」英訳版刊行へ(産経新聞)
桜井茶臼山古墳から見つかった鏡が照らす“卑弥呼の政権戦略”(産経新聞)
休校など減少傾向も「今も流行中」―新型インフルで厚労省(医療介護CBニュース)
AD