30日午前7時40分ごろ、東京都大田区大森西の民家の玄関先で、タオルケットと毛糸の生地に包まれた生後間もない女児が放置されているのを住民の女性が発見し、夫を通じて119番通報した。

 警視庁大森署によると、女児は病院に搬送されたが、命に別状はなく、泣くなど元気な様子だという。女児は生まれて数日とみられ、へその緒がついたままだった。同署は何者かが置き去りにしたとみて調べている。

【関連記事】
名古屋で乳児一時連れ去り 先月にも近くで類似事件
「手かざしで治る」放置し乳児死なす 宗教法人の両親
川崎競馬の練習馬場で乳児の遺体発見
乳児2遺体のバッグ、橋から投げ捨てた可能性も
アイロン押し当てやけど、乳児虐待で27歳母親起訴

「認知症加算」、85%が算定―千葉県内のケアマネ事業所(医療介護CBニュース)
<円卓会議>政府が初会合 「新しい公共」の概念深める(毎日新聞)
捜査の推移見守る=鳩山首相(時事通信)
<着服>博多署員が課内の積立金100万円を 停職処分に(毎日新聞)
加藤被告「弁護士に任せている」=秋葉原殺傷、28日に初公判(時事通信)
AD