厚生労働省は29日、経済連携協定(EPA)に基づき2008年度にインドネシアから介護福祉士候補者を受け入れた日本の特別養護老人ホームなど53施設に対し、日本語研修などの実態調査を行うことを明らかにした。候補者の日本語能力や業務内容、受け入れ目的が達成されているかどうかなどの質問項目に、来月中旬をめどに回答してもらう。 

【関連ニュース】
外国人介護士、受け入れ拡充を=技術者の定住促進も提言
岡田外相、外国人看護師雇用へ試験改善=難解な漢字、合格阻む
対北、連携を確認=日韓外相が会談
EU大統領、4月に初来日=貿易交渉は厳しい局面も
核廃絶へ協力=アフガン支援も連携

小天体の衝突でも大災害か=国際協力で調査と対策を-米科学アカデミー報告書(時事通信)
<野田副財務相>小沢氏進退判断は捜査や参院選の情勢を見て(毎日新聞)
【金曜討論】外国人参政権 北脇保之氏、亀井静香氏(産経新聞)
<節分>年男や年女が豆まき 福岡・櫛田神社(毎日新聞)
石川議員起訴なら辞職勧告案=提出で一致-自公国対委員長(時事通信)
AD