2月11日に開幕する第60回ベルリン国際映画祭で、山田洋次監督が特別功労賞「ベルリナーレ・カメラ」を受賞することになった。新作「おとうと」の公開初日の30日、山田監督が東京都内の映画館で舞台あいさつした際に明らかにした。

 松竹によると、映画界に貢献した個人や団体に贈られる賞で、日本では市川崑監督(00年)や熊井啓監督(01年)が受賞している。山田監督は「市川監督の映画『おとうと』(1960年)がヒントになって作った作品。同じ賞を頂けるのは光栄です」と喜びを語った。

【関連ニュース】
ベルリン映画祭:山田洋次監督「おとうと」を記念上映
注目映画紹介:「おとうと」 姉弟を中心に家族のきずな描く “山田組”独特の笑いと涙の物語
彼女がキレイな理由:蒼井優さん 休日は文鳥を放し飼い「プライベートを楽しく」
彼女がキレイな理由:蒼井優さん 山田組は「リアルな芝居の上の芝居」 ベテランの教えで開眼
彼女がキレイな理由:蒼井優さん こだわりは黒のニット帽 バツイチ役「結婚にあこがれない」

横浜の小学校、不登校・暴力行為の専任教諭配置へ(読売新聞)
国際緊急援助隊医療チームが解団式(医療介護CBニュース)
<ハイブリッド車>接近知らせる装置でガイドライン…国交省(毎日新聞)
木島容疑者逮捕 状況証拠積み重ね立件 犯行に睡眠薬「詐欺と殺人セット」(産経新聞)
精神科慢性期治療への評価引き上げを―日精協(医療介護CBニュース)
AD