低気圧が発達しながら通過する影響で、1日午後から2日未明にかけて関東甲信地方で大雪になる地域があるとして、気象庁は1日、大雪に関する地方気象情報を発表し、注意を呼びかけている。

 気象庁によると、日本の南海上に前線があり、前線上の低気圧が発達しながら1日夜に伊豆諸島南部を通過する見込み。このため関東甲信では2日未明にかけて広い範囲で雪が降ると予想される。

 2日午前6時までの24時間降雪量は、多い所で▽山梨県30センチ▽長野県20センチ▽関東南部の平野部、関東北部10センチ--の見込み。【福永方人】

【関連ニュース】
ペルー:マチュピチュ周辺で豪雨、日本人観光客ら足止め
ハイチ大地震:国際医療チームが成田空港に帰国
流氷:知床に着岸 南下は平年並み
3カ月予報:2~4月 暖かい春になる見込み 気象庁発表
ハイチ大地震:PKOで調査チームを派遣 政府

2000人以上が別れ惜しむ 平山郁夫さんお別れの会(産経新聞)
小沢氏は「秘書の結婚式」に出席 「薄汚い金は受け取っていない」(産経新聞)
弁護側冒頭陳述「彼にとって掲示板とは何なのか」 秋葉原殺傷初公判(産経新聞)
【かんさい発 ECO応援団】林業復活へ 吉野杉PR(産経新聞)
格安タクシー5社が提訴へ 運輸局の走行250キロ規制(産経新聞)
AD