自民党の谷垣総裁は30日、鳥取市内で党の会合に出席し、夏の参院選について「比例選でも女性(候補)を出せるよう、大島幹事長が努力しており、割合を増やしていかないといけない」と述べた。

 自民党は比例選で現在19人を公認しており、そのうち5人が女性だが、女性候補をさらに擁立する意欲を示したものだ。

 また、山崎拓前副総裁らを比例選で公認しなかったことについて、「若い世代が育たないと自民党組織も持たない。比例代表の70歳定年制を途中で変えるのは良くないと思い、『泣いて馬謖を斬る』というと大げさだが、ルール通りいこうと(決断)させていただいた」と述べた。

進退の判断、小沢氏に求める…野田氏が示唆(読売新聞)
コンビニ強盗目撃者、逃走経路を携帯で「実況」(読売新聞)
首相動静(1月30日)(時事通信)
合成樹脂の倉庫内から煙、消火続く…川崎(読売新聞)
<地域委員選挙>ピンチ 参加申請3.3% 名古屋(毎日新聞)
AD