鳩山由紀夫首相は29日午前、2009年12月の完全失業率(季節調整値)が前月比0.1ポイント改善して5.1%となったことについて「若干改善したと言っても、全然楽観できない」と述べた。その理由として「まだ5%を超えている。多くの国民が働きたいけれども働けないという状況は変わっていない」と指摘した。
 また首相は、28日成立した09年度第2次補正予算の速やかな執行と10年度予算案の早期成立の必要性を強調。「国民の命を守る、働きたいと思っている方々が就職できるような環境を、政府が何としてもつくり上げていく努力が大切だ。気を引き締めて頑張っていきたい」と語った。首相公邸前で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
米倉氏の政策聞きたい=鳩山首相
「法的決着も」、重ねて言及=普天間移設で平野官房長官
昨年の自殺者、5番目の多さ=504人増の3万2753人-9月以降は4カ月連続減
普天間、白紙での議論強調=鳩山首相
普天間、現行案排除せず=「ゼロベース」で5月に結論

常連客らと次々交際、うそ重ね金無心…上田容疑者(読売新聞)
<民主>「コア・メンバー」制度を創設へ 政策決定に党関与(毎日新聞)
犯罪見逃さぬ制度を=死因究明研究会スタート-警察庁(時事通信)
<明石歩道橋事故>元副署長を強制的起訴へ 検審が議決(毎日新聞)
保守勢力を集結 大衆組織設立へ(産経新聞)
AD