埼玉県で練炭自殺を装って東京都千代田区の会社員、大出嘉之さん=当時(41)=が殺害された事件で、殺人容疑で再逮捕された住所不定、無職、木島佳苗容疑者(35)が、大出さんとやりとりした電子メールをパソコンから削除していたことが2日、捜査関係者への取材で分かった。埼玉県警では、木島容疑者が犯行の発覚を恐れて証拠を隠した可能性があるとみて捜査している。

 捜査関係者によると、県警は木島容疑者を平成21年9月25日に詐欺容疑で最初に逮捕した際、木島容疑者が犯行当時住んでいた東京都豊島区のマンションを家宅捜索し、パソコンを押収した。しかし、木島容疑者が大出さんとの間で交換したとみられるメールなどのデータは消去されていた。

 捜査関係者によると、県警では、パソコンを押収した直後から専門の業者に依頼するなどしてデータの修復を試み、21年中にほぼ終了した。

 1日に起訴された大出さんに対する約470万円の結婚詐欺の罪では、木島容疑者は大出さんと7月13日~23日ごろまでの間に複数回メールを送信したとされていた。

 大出さんはすでに亡くなっているため、県警では、大出さんに対する詐欺罪での立件では木島容疑者とのメールのやりとりを重要な証拠の一つとして注目していた。県警は、木島容疑者が犯行を隠すため、意図的にこうしたメールを削除していたとみて調べている。

 木島容疑者は1日の殺人容疑での再逮捕を受け、2日午後、勾留(こうりゆう)先の川越署からさいたま地検に送検される予定。木島容疑者の周辺では大出さんのほかに少なくとも3人の知人男性が不審死してることから、県警は今後、事件の全容解明に向け本格的な捜査に乗り出す。

【関連記事】
埼玉の連続不審死 状況証拠積み重ねて立件
木島容疑者、犯罪に手を染めたその原点は…
「あの子のところに行って謝って」被害者遺族がコメント 結婚詐欺・連続不審死
「尽くします」メールは同一文面 木島容疑者、手当たり次第に送信
ほかにも3人不審死 木島容疑者の関与を慎重に捜査

<長崎漁船沈没>第2山田丸の船名を再確認 水中カメラで(毎日新聞)
滞納給食費、子ども手当から充当=鳩山首相が検討表明(時事通信)
<長崎平和研究所>最後の総会 被爆者の高齢化で存続断念(毎日新聞)
公立病院の経営改善事例集を公表―総務省(医療介護CBニュース)
タクシー運転手、窃盗少年に偽ヴィトン売る(スポーツ報知)
AD