福岡県町村会をめぐる汚職事件で、収賄容疑で逮捕された前副知事中島孝之容疑者(67)の弁護人が4日、書面で「現金の趣旨はわいろではなく、少なくとも同容疑者にわいろとしての認識はない」などとするコメントを出した。
 県警によると、大筋で容疑を認めているとされる。これに対し、弁護人は「捜査官が考えたストーリーの調書に強引に署名させられた」としている。 

【関連ニュース】
前副知事、一任受け便宜か=高齢者医療運営の団体設立で
町村会側から持ち掛け=前副知事への100万円
副知事室で現金手渡し=県庁など捜索
前福岡県副知事、収賄容疑で逮捕=町村会会長から百万円
前副知事を逮捕へ=町村会に便宜、収賄容疑

37路線50区間を対象に=来年度の高速道路無料化-前原国交相(時事通信)
小規模局の監督・検査手法を検討=郵政見直し、民業圧迫に配慮-亀井担当相(時事通信)
<裁判員裁判>初の危険運転致死罪、被告に懲役14年 千葉(毎日新聞)
<可視化研究会>2月5日始動 捜査手法2年かけ検討(毎日新聞)
鳥取詐欺女、不審死の矢部さんと「もみ合いになった」…同居男に話す(スポーツ報知)
AD