大阪府内などで初乗り2キロ500円で営業する「ワンコインタクシー」5社が3日、運転手の1日当たり乗務距離を250キロに制限したのは違法として、国を相手に取り消しを求め、大阪地裁に提訴した。
 走行距離を延ばすことで収益を上げるワンコインタクシー側は「制限距離が全国で最も短い上、高速道路の走行分もカウントするなど他地域より不当に厳しい」と指摘。事業に過度の制限を行い、裁量権の乱用に当たると主張している。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【動画】アクアライン探検隊、出動!
【Off Time】街ある記-富山県魚津
〔用語解説〕「高速道路無料化」
37路線50区間が対象=6月めどに高速道路無料化

小沢氏が差別発言か オバマ政権誕生に「黒人を選んでまで…」(産経新聞)
<中学入試>受験シーズン到来 私立人気、不況知らず? 併願数は減少傾向(毎日新聞)
「スマートグリッド」日米共同事業 日本から31社が参加(産経新聞)
羽毛恐竜、カラーで明らかに=化石で色素を初特定-中国(時事通信)
首相、「闘って」発言撤回せず=2次補正が審議入り-参院予算委(時事通信)
AD