横綱・朝青龍関(29)が初場所中の1月16日未明、東京都港区西麻布で知人男性(38)に暴行し重傷を負わせたとされる問題で、日本相撲協会は1日、友綱理事を委員長とする調査委員会を設置して、独自に調査することを決めた。

 調査委は、外部役員の村山弘義理事(元東京高検検事長)、協会事業部危機管理担当の玉ノ井親方(元大関・栃東)を含む3人。武蔵川理事長は「協会として事実関係を調べる。早急に理事会にかけて対処したい」と述べた。【田内隆弘】

【関連ニュース】
朝青龍関:暴行された男性は鼻骨折
日本相撲協会:朝青龍を厳重注意 知人突き飛ばしで
社説:またか朝青龍 厳正さ試される新体制
朝青龍関:警視庁に「示談」連絡…暴行問題
朝青龍関:暴行は別人?飲食店の知人男性が警察に被害相談

<潜水艦事故>おやしお艦長ら不起訴 鹿児島湾で漁船と接触(毎日新聞)
女性信者にわいせつ行為 韓国人牧師逮捕(産経新聞)
<アセス>計画段階から実施 中環審専門委(毎日新聞)
新規技術2件を承認―高度医療評価会議(医療介護CBニュース)
二番底回避、効果に疑問=懸念残る1~3月景気-2次補正成立(時事通信)
AD