日本相撲協会は4日午前、東京・両国国技館で理事会を開き、大相撲の横綱・朝青龍関(29)に理事会への出席を求めた。師匠の高砂親方(元大関朝潮)と朝青龍関が午後から再開された理事会に出席した。

【写真特集】入門、昇進、そして・・・ 朝青龍、波乱の足跡

 朝青龍関は大相撲初場所(東京・両国国技館)開催中の1月16日未明、東京都内で酒に酔って、飲食店で働く知人男性とトラブルを起こしたとされる。

 相撲協会に設置した調査委員会(友綱委員長)は2日に朝青龍関の個人マネジャーと車の運転手から事情を聴いたが、朝青龍関が暴行した事実は確認できなかった。理事会では、朝青龍関に事実関係の報告を求めるとみられる。

 午後からは横綱審議委員会も臨時会合を予定している。【大矢伸一】

【関連ニュース】
社説:またか朝青龍 厳正さ試される新体制
日本相撲協会:朝青龍を厳重注意 知人突き飛ばしで
大相撲:朝青龍調査委員会は大甘! あいまいな証言追及せず
朝青龍暴行問題:「被害届出さない」示談書 警視庁に提出

子ども手当は満額支給、官房長官が強調(読売新聞)
12月の鉱工業生産、2.2%上昇=経産省(時事通信)
<国公立大2次試験>志願倍率1.0倍…中間集計(毎日新聞)
小沢幹事長宅に実弾郵送か=秘書が発見、届け出-警視庁(時事通信)
抗がん剤「ネクサバール」、因果関係否定できない死亡が7例(医療介護CBニュース)
AD