厚生労働省は29日、新型インフルエンザの国産ワクチンを接種した新潟県の80代女性が、ワクチンの副作用で死亡した可能性があるとの報告を受けたと発表した。同省は複数の専門家に検証を依頼する。
 同省によると、女性は高血圧や心臓病の持病があった。ワクチンを打った主治医は女性の死亡について、持病が悪化した可能性と、接種に伴うショック症状「アナフィラキシーショック」の両方が原因として考えられるとした上で、「ワクチンとの因果関係がある」と報告したという。
 新型インフルのワクチン接種後の死亡報告は117件あるが、死亡との因果関係があるとされたケースは初めて。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
南海電鉄、4~12月期は減収減益=景気低迷や新型インフルで
臨時接種に「2類」創設へ=弱毒性新型インフルに対応
30道府県は追試実施=高校入試のインフル対策

鳩山首相、人権侵害救済法案の早期提出表明 言論統制の危険性も(産経新聞)
JR片町線で遮断棒折れる(産経新聞)
レンタルCD詐取の母子、名前8回変え返却せず(読売新聞)
「たたかれて政治家成長」中曽根氏、首相を激励(読売新聞)
日暮里舎人ライナーが運転再開(産経新聞)
AD