モンゴル帝国初代皇帝のチンギス・ハーンを描いた映画「蒼き狼」(07年公開)を巡り、制作準備委員会事務局長を務めた難波多津子さんが「約束の対価が支払われない」として、製作した角川春樹事務所(東京都千代田区)に1億5000万円の賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(中村慎裁判長)は2日、請求を棄却した。

 一方、難波さんが訴えの概要を報道陣に説明した際、配布した文書に「角川事務所が映画の企画を盗用した」などと記したことを名誉棄損と認め、150万円の賠償を命じた。

 判決は、01年にモンゴルから映画の企画を持ちかけられた難波さんが、05年に角川事務所に協力を求め、角川事務所が映画を完成させたと認定。そのうえで「対価の支払いは約束されていない」と難波さんの主張を退け、「『盗用』は真実と認められない」と角川事務所の反訴を認めた。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
名誉棄損:飯島氏発言報道で本社に賠償命令 東京地裁
海堂尊氏:110万円賠償命令 サイトで名誉棄損
堀江元社長:「偽メール」で民主と和解
東京国際映画祭:角川春樹監督に大森南朋ら出演者は「恐怖」 映画「笑う警官」会見
名誉棄損訴訟:海堂氏に賠償命令 医療研究批判で--東京地裁

忍野村の協力、真意を確認=普天間問題で官房長官(時事通信)
児童虐待も匿名通報=2月から対象を拡大-情報に最高10万円・警察庁(時事通信)
殺人は時効廃止、法制審部会が要綱骨子案(読売新聞)
全国の「市」と「町」、同数の784に(読売新聞)
市局長補佐が募金19万円着服、フィリピン人妻の実家に送金(産経新聞)
AD