民主党の渡部恒三元衆院副議長は2日、資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で小沢一郎幹事長自身が立件された場合の同氏の進退について「(幹事長辞任は)当たり前。場合によっては議員辞職もあるだろう」と述べた。国会内で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~4億円「知人から預かった」~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

フィアット不買運動 イタリア与党の青年部が発表(レスポンス)
大阪府市の水道事業、統合構想“ご破算” 臨時首長会議で反対決議(産経新聞)
3大都市圏の転入超、5万人減=不況で09年、名古屋圏転出超に-総務省(時事通信)
雇用見込み期間「31日以上」に緩和へ(読売新聞)
普天間、県内移設認めず=福島社民党首(時事通信)
AD