プロ2年目の昨年、史上最年少の賞金王となったゴルファーの石川遼選手(18)が27日、故郷の埼玉県松伏町に隣接する越谷市の越谷税務署で、インターネットを利用した国税電子申告・納税システムをPRするための「e-Tax」大使に任命された。

  [フォト]PCの申請画面を真剣な表情で見るゴルフの石川遼選手

 プロ転向後初の確定申告でe-Taxを利用した石川選手に、自宅からでも申告できるシステムの知名度を高めようと、国税当局側が大使就任を依頼。石川選手はPR用のボードを渡され快く引き受けた。

 石川選手は「日本各地で転戦し遠征でアメリカにも行くため、税務署に行かなくても申告できるシステムは本当にすばらしい」とメリットを強調した。

【関連記事】
電子行政への取り組みにいらだちの声 経団連がシンポを開催
電子申告・納税の利用率が3割超
金本、新井が「e-Tax」をPR
確定申告始まる 大阪ではオグシオ揃ってPR
確定申告スタート 松下奈緒さんがPR

12月に全国で皆既月食=11年の暦要項発表-国立天文台(時事通信)
<器物損壊>車13台のガラス割られる 大阪・泉南市で(毎日新聞)
<バレエ>15歳・佐々木さんが3位入賞…ローザンヌ国際(毎日新聞)
<民主党>「政権公約実現の会」が政治団体で届け出へ(毎日新聞)
【from Editor】「さようなら」の潔さ(産経新聞)
AD