埼玉県越谷市の「黒田人形」でひな人形作りが最盛期を迎えている。この道47年の伝統工芸士・黒田広司さん(61)と妻勝美さん(57)が、二人三脚で作り上げる。

 セットの平飾りで15万~23万円と値段は張るが、いずれも世界に一つしかない手作りの品。黒田さんは「妻と結婚以来ずっと一緒にやってきた。どちらが欠けても良い作品はできない」と話す。景気を反映してか、最近は約15~20センチの小ぶりな人形が人気という。【尾籠章裕】

【関連ニュース】
雑記帳:「磁器製ひな人形」お披露目 佐賀・有田
百貨店:年末だって福袋 集客にあの手この手
「人形巧房ひなや」 /滋賀
ひな人形商戦:早くも始まる 人気は省スペース型 /静岡
作陶展:土のぬくもりで桃・端午の節句 久村さん夫妻、桑名で /三重

内藤総務副大臣、ラジオにもう一度“喝”(産経新聞)
<着服>博多署員が課内の積立金100万円を 停職処分に(毎日新聞)
<時効廃止>中井国家公安委員長 支持する意向を表明(毎日新聞)
里見が得意の中飛車…将棋女流名人位戦速報中!(スポーツ報知)
<鳩山首相>地方行脚、党内配慮色濃く 気分転換にも一役(毎日新聞)
AD