不審死した男性から検出された睡眠導入剤は、緊張や不安を取り除く効果があるとされ、不眠症治療などに使われる。だが、効いている間の記憶がなくなるなどの副作用もある。同剤を使った昏睡(こんすい)強盗や準強姦(ごうかん)事件は後を絶たず、埼玉、千葉県内で男性らが相次いで不審死した事件でも遺体から同剤の成分が検出されている。

 睡眠導入剤などの向精神薬は医師の処方せんがないと入手できず、他人に譲り渡すことも禁じられている。しかし、不眠症を装い、複数の医療機関を回って大量に入手するケースもあるといい、厚生労働省の担当者は「完全に防ぐのは難しい」としている。

忍野村の協力、真意を確認=普天間問題で官房長官(時事通信)
<漁船銃撃>被弾の2隻、銃痕を隠す 事実を隠蔽か(毎日新聞)
<株主代表訴訟>西松建設元役員らを提訴 違法献金返還求め(毎日新聞)
菅氏発案「平日にデートができる財務省に」(読売新聞)
<行方不明>3人乗り漁船が操業中に消息絶つ 北海道・白糠(毎日新聞)
AD