鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が障害者の出生を否定するような文章をブログに掲載した問題で、県内の労働組合や人権団体などが「市長の差別発言撤回と謝罪を求める会」を結成した。

 2月28日に市内で人権について考える集会を開き、竹原市長に抗議する。

 会は、左足が不自由な桐原琢磨県議の呼びかけに、部落解放同盟県連合会など12団体や大学教授が賛同し、1月30日に結成された。

 桐原県議は、「集会には市長にも出席してもらい、発言の真意を直接聞きたい。さらに、この問題を機に多くの県民に人権について考えてもらいたい」と話している。

<掘り出しニュース>神社石段にひな人形1200体ずらり 千葉・勝浦(毎日新聞)
「らしさ」大切にしたい 波多野院長に聞く皇族の“学習院離れ”(産経新聞)
露銃撃時の航跡記録なし、2漁船スイッチ切る?(読売新聞)
貴乃花親方当選 「角界フレッシュに」(産経新聞)
財布の残金は数千円=木嶋容疑者が抜き取りか-連続不審死・埼玉(時事通信)
AD