野田佳彦財務副大臣は29日、TBS番組「時事放談」の収録で、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件に関連し、「国民は(政権を)自民党に戻したいとは思っていない。7月の参院選で安定政権になることが一番の大命題だ。(小沢氏に)何かの事実が出てきたときには、その大命題に沿った判断をしていくことだ」と述べた。小沢氏の事件への関与が明らかになった場合には、参院選へのダメージを抑えるために幹事長を辞任すべきだとの考えを示唆したものだ。政府や民主党幹部で小沢氏の進退に言及したのは異例だ。

 また、同じ番組で元岩手県知事の増田寛也元総務相は「国民には『脱小沢』の気持ちがあるのではないか。(今回の事件を)一つのチャンスとして(民主党内に)『脱小沢』が出てくるといい」と述べた。

【関連記事】
施政方針演説 軽さ否めない“宇宙言語” 
小沢氏、日米合意直後に沖縄で土地購入
政府・民主で小沢氏に距離置く動きが表面化
カモかチキンかサギなのか ハトは5月が正念場
小沢氏の個人事務所から2千万円押収

松沢知事の著作に削除命令=著作権侵害認める-東京地裁(時事通信)
<雑記帳>秋田で漬物「いぶりんピック」(毎日新聞)
替え玉殺人の中国人妻に無期懲役 1件無罪、1件は傷害致死認定(産経新聞)
厚労省元局長、無罪主張=「証明書偽造指示してない」-郵便不正初公判・大阪地裁(時事通信)
<詐欺>預保機構や財務省との関係装う事件相次ぐ(毎日新聞)
AD