ハイチ大地震で被災者支援に当たった政府の国際緊急援助隊医療チームのメンバーが30日午後、外務省で岡田克也外相に帰国報告を行った。外相は「今回の経験からさまざまな教訓を学びたい」と述べ、今後の災害支援の改善に生かしたいとの考えを示した。
 同チームは17日にハイチ入りし、現地の看護学校を拠点に重傷患者を含む500人超を治療。29日に帰国した。二石昌人団長は「建物の80~90%が倒壊し、死者もかなり出て、想像以上に厳しい状況だった」と説明した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~資金の出所隠す経理操作?~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
【特集】ハイチ大地震取材体験記~被災地の1週間~

社民党 幹部ポスト3日空席、「党首の調整不足」の批判も(毎日新聞)
雑記帳 高橋大輔選手に猫駅長「たま」のお守り(毎日新聞)
<器物損壊>車13台のガラス割られる 大阪・泉南市で(毎日新聞)
施政方針演説概要「人間のための経済」へ転換(読売新聞)
普天間移設先に徳之島浮上、首相「白紙」強調(読売新聞)
AD