29日午前7時47分頃、北海道白糠町の太平洋沖合約20キロ付近で、タラの刺し網漁に出ていた白糠漁協所属の「第八幸福丸」(9・7トン、3人乗り)と連絡がとれなくなったと、同漁協から釧路海上保安部に通報があった。

 釧路海保の発表などによると、「第八幸福丸」は28日午後6時頃、白糠漁港を出港したが、午後11時の定時連絡を最後に無線の応答がなくなった。

 現場付近で、漁船の燃料と思われる油が浮いているのを同漁協所属の漁船が見つけた。29日午前11時過ぎには、捜索に参加している僚船の魚群探知機が、沖合25キロ、水深約190メートルの地点で船影を確認した。

 釧路海保で「第八幸福丸」が遭難した可能性があるとみて、巡視船2隻、航空機などを現場に派遣し、捜索を続けている。

<鳩山内閣>「協議の場」設置法案に地方側反発(毎日新聞)
センター試験 追試験始まる 972人対象に 31日まで(毎日新聞)
<水門談合>国交省、23社に8億円損害賠償請求(毎日新聞)
【ぐるり地球紀行】今回は「シンガポール」をぐるり(産経新聞)
東京地検、鹿島会長を参考人聴取(読売新聞)
AD