群馬県は1日、八ッ場(やんば)ダム建設計画(同県長野原町)を巡り、前原国土交通相が入札延期を求めていた「湖面1号橋」(全長494メートル)の橋脚工事の入札を予定通り始めた。

 1号橋は、ダム湖を横断する県道が通る計画で、今回の入札は4本の橋脚のうちの2本が対象。入札は3日まで電子入札で行われ、4日の開札で落札業者が決まる。1号橋建設の事業主体は県だが、事業費約52億円の96%は国が負担する。

 民主党県連や市民団体などは「ダムができなければ不要」と主張しているが、県は「地元にとって重要な生活道路」として、予定通りの入札に踏み切った。

ハイチ大地震 元「国連の顔」が橋渡し役に(産経新聞)
小沢幹事長宅に実弾郵送か=秘書が発見、届け出-警視庁(時事通信)
<参院予算委>鳩山首相、還付金辞退も 贈与税納付で(毎日新聞)
「黒い雨」由来の放射性物質、初めて確認(読売新聞)
MR導入教育で新カリキュラム―「医薬品情報」など3科目に(医療介護CBニュース)
AD