和牛オーナーになれば高配当が得られるとうそを言って、出資者から金をだまし取ったとして、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)罪に問われた和牛預託商法の「ふるさと牧場」(東京都港区)社長相田勇次被告(79)の判決が27日、東京地裁であり、藤井敏明裁判長は懲役12年(求刑懲役15年)を言い渡した。
 相田被告はだます意図はなかったとして無罪を主張していた。
 事件ではほかに5人が起訴され、一審ではいずれも懲役3年6月~2年の実刑判決が言い渡されている。 

【関連ニュース】
賭博店から派遣料収受=容疑で組長ら逮捕

精神科慢性期治療への評価引き上げを―日精協(医療介護CBニュース)
<身体拘束>賠償認めず、患者側が逆転敗訴 最高裁判決(毎日新聞)
認知症の人を受け入れ、尊重するケアを(医療介護CBニュース)
東京地検、鹿島会長を参考人聴取(読売新聞)
小沢氏、続投に改めて意欲(産経新聞)
AD