名古屋市中区の路上で昨年12月、突進してきた車に警察官が拳銃を発砲した事件で、愛知県警中署は2日、殺人未遂と公務執行妨害の疑いで、車を運転していた同県豊田市花園町、無職大森美樹容疑者(38)=覚せい剤取締法違反罪で起訴=を再逮捕した。同署によると、「殺すつもりはなかった」と、容疑を否認しているという。
 同容疑者は拳銃で右肩を撃たれ入院。その後、尿から覚せい剤反応が出たため、同法違反(使用)容疑で逮捕、起訴された。
 再逮捕容疑は昨年12月16日午後9時55分ごろ、中区新栄の路上で、中署の巡査部長に車を突進させ殺害しようとした疑い。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物の実態
〔写真特集〕多発する銃犯罪

ノムさん「自民は巨人の心境で負けた」…自民党大会(スポーツ報知)
30道府県は追試実施=高校入試のインフル対策-文科省(時事通信)
<研修生低賃金訴訟>1次受け入れ団体にも責任 熊本地裁(毎日新聞)
小沢氏「(陸山会の)代表者としての責任はある」(産経新聞)
阪急通路1/4幅に“ラッシュ”(産経新聞)
AD